看護師の離職理由と解決方法

医療は、命を助ける誇りある仕事ではありますが、一方で人間関係や仕事のプレッシャーなど業務内での苦労が多い職業とも言われています。実際、一般的な仕事に比べて離職率も高いとされています。

特に看護師は人材不足が深刻化しており、そのハードな現状に絶えきれず転職を考える人が少なくありません。しかし、転職を考えたとしても、どの現場も大変であることに変わりはありません。むやみに転職を繰り返すのではなく、まず辞めようとする前に自分なりの努力をしてみることが大切です。

まず最初に看護師のよくある離職理由として挙げたいのが、人間関係についてです。看護現場の人間関係が難しいと言われるのは、年齢やキャリアの違う人間と上手く付き合わなければいけない点が考えられます。

キャリアが上の先輩に対して怖いイメージを抱いたり、年下の後輩との世代のギャップに戸惑うこともあるかもしれませんが、自分が抱く感情は相手も同じように抱いているものです。人間関係を円滑にするコツは相手を理解すること。自分からこまめにコミュニケーションを取って、できる範囲で距離を縮めていけば、大抵は良好な関係を築けるでしょう。

そして人間関係と並んで問題になりがちなのが、仕事の過酷さです。特にこれは新人看護師の離職理由として挙げられます。新人の頃は覚えることがたくさんあり、与えられた仕事をこなすので精一杯になってしまうのは否めません。こうした気持ちの余裕の無さに加えて、仕事でミスをして怒られると精神的なストレスは半端ではないでしょう。

とはいえ、キャリアの浅い時期に気持ちに余裕を持つのは無理な話です。そこで必要となるのが目標作りとミスを減らす工夫です。目標を立ててモチベーションを高めたり、細かくメモを取ってミスを防止するような心がけをして、少しずつ現場に慣れていきましょう。ここを辛抱するかどうかで、今後の看護ライフが大きく左右されます。